• トニコバ

生産性と個人の幸せのために


日本の企業は世界の先進諸国の中でダントツに生産性が低い、と

言われていますね

ご存知ですか?


アウトプットにかける労働時間がめちゃくちゃ多い、ということですね


つまり

今の売り上げと利益を生み出すのに費やしている労働時間が多すぎるんですね

経営資源効率が悪い、と言うことですね

要は人をかけすぎ、時間かけすぎ、コストかけすぎ なんですね


ですから生産性を上げるために猫も杓子もという感じで

どこの企業も「残業やめろ!」的な労働時間削減を

盛んにあおってますね






しかし、ですよ

生産性を上げるというのは

今の人員、労働時間で売り上げを増やすのか

今の売り上げで労働時間を減らすのか

どちらかの選択肢都という問題なんでしょうか???


売上と人員/労働時間がばっちり相関関係にあるのなら

それでも良いんですが、

実際はそうでもないんじゃないでしょうか


僕は生産性がMAXというのは

個人が持てるリソースをフルに活用できている状態のことだと思うんです

それが可能となるのは

社員個人個人が仕事をやるうえで

今この仕事が

組織と自分自身にどんな意味を持っているのか、どんなリターンがあるのかを

具体的なイメージを持って

それぞれが向かう方向が明確になっている状態だと思うんです

決して労働時間を減らすことが主ではないと思うんですね


それができた時点で個人個人は自分の持てるリソースというか

潜在的な能力を目一杯発揮できるのではないでしょうか


社員が義務的に仕事をやっている職場では

企業として見たときに

それは「生産性が低い」ということになるんだと思います