肩書で仕事する人

みんさんの周りで役職定年を迎えられた方々おられませんか

少々しょぼくれてた方、いませんか

「一緒に頑張りましょう!」と声かけても

何か返事が虚ろな人、いませんか?


私の部下でそんな方が昔おられたんですね

私が思い切って

「何か気になることが有りますか?」

と聞いたところ

それまでの穏やかな表情が一変して

怒りに満ちた口調でこう言ってこられたんです


「あのさぁ~、肩書もなしで何を頑張れっていうんだよぉ!?

アレしてほしい、コレしてほしい、ってオレに言われてもさぁ~

部長でも課長でもないオレが何ができるっていうんだよ

相手はオレを新入社員と同じかそれ以下としか見てないんだぜ

あほらしくてやってられないよぉ!」



あぁ~、この人は今まで肩書で仕事をしてたんですね、

肩書で仕事をすること自体を否定はしませんよ

しかし、役職や肩書ってその人の決裁権限を表しているものであって

必ずしもその人の能力や知識経験を表しているものではないじゃないですか

ましてや

その人の魅力や人間性を表しているものではないって

誰もがわかることですね


「オレは部長だから」という思いで仕事をしていたのなら

肩書がなくなったときの喪失感は大きいでしょうね

そういう人は少なからず日本の企業の中には

おられるのでしょう


そう言って嘆く人たちは

自身の知見、人脈、人望など無形の財産を

今までどれだけ積み上げてきたか?

それらが肩書よりももっともっと大事だと実感する時が

訪れることが有ったのでしょうか?

いや、きっと

なかったろうな

生涯にわたって「肩書なし」「役職なし」を恨みながら

ずっと会社に居座っておられたんだろうな(-_-;)


有形のものにだけ価値を見出すのではなく

無形の例えば「生きざま」みたいなものに

価値を見出せてもらえるような

そういうキャリア教育にも取り組みたいです